スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長い思いとかなわない思い。

どうせこのブログ見てる人もいないだろうなと思い今までずっと誰にも知られず話せず我慢してきた思いを書きたいと思います。
この文章をみてお前が悪いと言われるかもしれませんしキモイw勘違いちゃん、ゲームだしww等思われるかもしれません。結果は結果です。ですがわたしは精一杯やってきた結果弄れてしまいまいました。ただ文章で書くことでこうやって証明したい。
カミングアウトです。

2年前わたしはFCマスタをしていました。
マスタした理由は当初マスタしていた方がドロンしてログインしてこなくなり誰もするひとがいないから仕方なく私がひきうけました。
小規模で本当にどこにでもある普通のFCです。勧誘もしたり当時は掲示板なんて実装されていないので野良でIDいって勧誘したりとかそういうことしてました。

ある日、FCメンバの方が当時バハムート邂逅編まっしぐらの時、色々な事情でFCをマスタからおいだされ大変傷ついて困っているという話を聞き行き場に困っているという話を聞きました。人の集まりってトラブルも多いので必ずつきものとは思っていましたが話を聞いていると大変理不尽な話だと思い3人をFCに勧誘して暖かく迎えました。

入られた方はエンドコンテンツを楽しむ方々で当時のわたしは武器もまだレリックすら出来ていない本当に初心者でいわゆるそういうところいう人は廃人という認識をしていまして怖い人たちという風におもってました。ああいう場所って罵声も言い合いもできる人たちがいく場所っていう風ににおもっていたからです。

ですがやはり人間悩みもあるし苦悩も多い努力しても報われないとりとめもない苦悩ってあるわけで。だけどそれでも歯をくいしばって頑張っている姿に憧れやかっこよさを見てメンバの方一人に特殊な思いがでてきました。愛情ですね。

その後私もその方においつきたくて邂逅編に参加したり背伸びをすごいしました。対等になりたかった。わたしは白です。慣れないとPTの命かかってるし崩れると全てがおわってしまうそういう責任感の重大さ、うまく立ち回れない→指摘される。そういうあまちゃんなところがあり挫折してしまう。練習が終わるとその方にキツく言われる。でもそれは普通でありそれをこなせないならエンドは無理だと刺される。ある日私はその方の固定の枠役で参加させていただいていたのですが、参加OKといわれ時間になるも返事も来ないPTの誘いもこない、こちらから今日参加OKですよねというも無言。そのへんからガチでやってる方からみたら私なんかダメダメだしそう思われても仕方ないと思い相手さんを追いかける事背伸びを結果諦めてしまいます。

※後日談ですが固定で色々人間関係でトラブルがありこのような対応だったようです。

FCチャットで流れる会話はバハムートの会話や関係者にしかわからない内容。だんだん孤独感を感じる日々。更に憧れと愛情がでていてなんだか取り残された感じがする寂しさ。自分の感情の制御と我慢そんな事でよく爆発したりしていました。
こんなんじゃいけないなと思いLSを探したりして孤独を消そうと思い参加したりもしたりしましたが、LSはいらないでとかいわれまして結果抜けてしまう。また孤独。とはいえ向こうの方はエンド勢。私との関わりよりもゲームが目的だし課金してるのに時間そこまでとれないとよくいわれていましたのでプレイスタイルはそれぞれですし束縛することもできません道理はあってます。

私はというと言葉にせず態度で過剰に寂しいアピールしたりしていた為相手さんにかなりのストレスだったと思います。
これは私が悪い完全に反省する事です。

私ができることといえば固定から帰宅を待ち愚痴を聞いてあげることと、食事を作成してあげることしかできませんでした。

FCが創設から1年がたちました。

その方とは本当に色々な事や深いところまでよく話を聞きました。時には綺麗な風景みながらとかもしたりコソコソ隠れて話したり。
当時はハウジングなんてないしかといえイチャイチャしていれば冷やかされるし。そういうのが嫌だったらしいです相手さん。
私はもう少しみんなに私と仲がいいというのをアピって欲しかったのですが無理といわれそこでも我慢。
フレが多い方なのでよく話で「自分もそういう人が欲しい」とか「そういう子が欲しい」とか「嫁募集」とか話されている事が多かったので鵜呑みにする。なんだかよくわかんないことばかりでした。

いや・・今思えば私が単純に相手さんも私の事を思ってくれてるのかなと勘違いしていたんだとおもいます。
それぐらい深いところまで話していたので私が誤解してしまったんですね。
それにFC内でそいうのがあると雰囲気がおかしくなるのも理解できます。

色々な愚痴をきいて話をきき八つ当たりも受けましたが、でもそれだけ我慢しているんだろうと思いそうだねと同情したり、もらい涙もしたりしていました。

ある日、FCのメンバ表。全て自由に操作できるように開放していました。
みんな好きなようにいじっていたのですが私の表記が「ビッチ」と書かれていました。
最初は我慢していましたがさすがにひどいと思いやめてほしいといい、「マスター」に書き直すが、何度も何度も「ビッチ」と書き直される。また相手さんには「くさい」とかも言われる。だんだんそういう思いも募りFC解散したいと思うようになります。
そこで相談する相手がいればよかったのですが残念ながらフレもいないし相談相手もいない。完全にノイローゼに。
深夜にINされるメンバさんに相談したりもしましたが、すべて筒抜け。

解散してあの人の事も忘れよう。とおもうようになります。

相手さんの一言「逃げるのか。FCのメンバおいて。逃げるのは簡単だだけどほかのひとの事かんがえろ」

何度もその言葉で思い直し立ち直るのですがそのときは復活するがじゃぁどうしたらいいだろうと思うも、

「それはあなたのFCなのだから考えろ」

と言われる。

私の場合弱い性格なので寂しさととりとめがない思いがつのり某鯖に相手さんそっくりなおもむきと考えの方がいまして助けて欲しい一心でキャラを鯖移動。完全に相手さんの亡霊見る感じでおいかけました。そしてFCに入るあきらめようと思いました。またあきらめられるなといいきかせながら。


つずく

スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。